弁護士費用特約の特徴と補償内容

弁護士費用特約,もらい事故,自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士基準,慰謝料 弁護士費用特約の概要

  • 「信号待ちで停車中に追突されてしまった」
  • 「歩行中に車にはねられてしまった」
  • 「事故相手の保険会社の示談額に納得が出来ない」

などといった自動車に関わる事故に遭ってしまい、
その賠償問題がこじれてしまった時に、弁護士を通じて
相手側に損害賠償請求をする際にかかる費用や
法律相談費用を補償する特約です。

 

通常、相手のいる事故が発生すると、お互いの保険会社間で
示談交渉がスタートします。

 

保険会社間での示談交渉は、過去の交通事故の
判例に従って話し合いが進む為、あえて弁護士に示談交渉を
お願いするほど揉めるケースは少ないでしょう。

 

 

確かに、事故で自動車保険を使った時に
弁護士を立てたって話はあまり聞かないよね。

 

だったら、わざわざ弁護士費用特約って
付けなくても大丈夫じゃない?


 

事故の示談交渉の中には、保険会社が介入出来ない
事故もあるのを知っているかな?

 

「信号で停車中に、後ろから追突された」

 

などのように、こちらに非が無い「もらい事故」だと
自分が加入している保険会社は示談交渉出来ない

決まりなんだ。

 

事故相手との示談交渉は、すべて自分で
行う必要があるよ!


もらい事故を保険会社が示談交渉出来ない理由!

自動車保険というのは、事故相手の賠償に備える保険です。

 

その為、もらい事故のような相手への賠償が全く発生しない
事故の場合に、保険会社が示談交渉に介入することは
『弁護士法 第72条 非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止』
に抵触してしまう為です。

弁護士費用特約は、もらい事故で真価を発揮!

「もらい事故」に遭ってしまうと、自分の保険会社からは
アドバイスを受けることが出来るかも知れませんが
実際の交渉は、すべてあなたが行うことなります。

 

事故の加害者が誠意ある人で、しっかりとした自動車保険に
加入している人でしたら、スムーズに示談交渉が進みますが

  • 加害者が自分の過失を認めない
  • 加害者が自動車保険に加入していない
  • 加害者の保険会社の賠償金額に納得出来ない
  • 加害者と連絡が取れなくなった

などの状況に陥ってしまった場合、自身で示談交渉を
続けていくのは、非常に大きなストレスになります。

 

また、どこの保険会社とは言いませんが
示談交渉相手が素人だと分かると

 

「この示談金額に納得出来なければ裁判でも結構です」

 

などといった横柄な対応をしてくる事もあります。

 

 

「弁護士費用特約」を付けていれば、
そういった煩わしい示談交渉を
弁護士に依頼しても、掛かる費用は、
補償の範囲内で保険会社が支払ってくれるよ。

 

実際に弁護士費用特約を使うケースは
このパターンが一番多いね!


弁護士費用特約の補償範囲

弁護士費用特約で補償される金額は、一般的には
以下のようになっております。

保険金の種類 保険金の限度額
弁護士費用 1事故、1名につき300万円まで
法律相談、書類作成費用 1事故、1名につき10万円まで


自動車保険における「弁護士費用特約」の補償金額は、
ほとんどの保険会社で、この範囲内となります。

 

ですが、法律相談の10万円を含めて、限度額を300万円までと
している保険会社もありますので、利用する際には
自分が加入している保険会社に確認してみたほうが良いでしょう。

弁護士費用特約にはこんなメリットも!

弁護士費用特約,もらい事故,自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士基準,慰謝料 弁護士費用特約はノーカウント事故!

 

通常、自動車保険を利用すると、等級が3等級ダウンして
翌年の保険料が、かなり高額になってしまいます。

 

ですが、弁護士費用特約はノーカウント事故となりますので
弁護士費用特約だけを利用した場合、等級に影響しません。

 

※対物賠償や車両保険と組み合わせると、
 そちらで等級がダウンします

 

弁護士費用特約の適用範囲は非常に広いので、
自身の自動車保険でなくとも、
思わぬ人の保険が使える事もあります。

 

そんなケースでも、等級が下がることが無いので
誰にも迷惑を掛けずに、弁護士費用特約を利用する事が可能です。

弁護士費用特約,もらい事故,自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士基準,慰謝料 弁護士に示談を依頼して慰謝料をアップ!

 

交通事故における慰謝料の算定基準は、3種類あります。

 

慰謝料の低い順に挙げると

 

「自賠責保険基準」
「任意保険基準」
「弁護士基準」

 

となります。

 

この中でも、「自賠責保険基準」は、加入が義務となっている
強制保険がベースの為、被害者に対する補償は必要最低限。

 

ほとんどの事故では、慰謝料は「自賠責保険基準」もしくは
保険会社独自に算出した、「任意保険基準」をベースとして
計算されています。

 

ですが、裁判になった場合の賠償額に近い数字を採用している
「弁護士基準」で慰謝料を計算すると、「自賠責保険基準」で
貰える金額の倍以上もの慰謝料が算出される事もあります。

弁護士費用特約のまとめ!

弁護士費用特約,もらい事故,自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士基準,慰謝料

 

事故相手との示談交渉は、あなたが想像している以上に過酷で
ストレスのかかる作業です。

 

そんな無用なストレスを抱え込まない為にも、
特に次のケースに該当する方には
「弁護士費用特約」の付帯をオススメしたいと思います。

  • 自動車保険にあまり詳しくない方
  • 事故の示談交渉はプロに任せたい方
  • 交渉するのが苦手な女性の方
  • 年齢が若いドライバー

 

また弁護士費用特約は、次のような「もらい事故」以外でも
利用することが可能です。

保険会社同士の示談交渉にどうしても納得出来ない!

 

事故相手が自動車保険に加入していなかった!

自動車保険のうち、強制保険となる自賠責保険は
加入率はほぼ100%に近いですが、自身で契約する「任意保険」には
加入していないドライバーは、まだまだ多いのが現状です。

 

日本損害保険協会(平成26年3月末時点)の調査によると
任意保険の加入率は、全国平均で約73.4%しかありません。

 

加入率が最低となった沖縄に関しては、52.9%ですので
2台のうち1台は任意保険に未加入という事になります。

 

任意保険に加入しない理由は、車の維持費を節約する為かと
容易に想像出来ますが、そういった人達が、事故に備えて
十分な貯金をしているとは考えにくいです。

 

自賠責保険には、必要最低限の補償しか無いので、
あなたが納得出来るような補償を引き出すには
相当長い年月と交渉力が必要となるでしょう。

 

⇒ 『自賠責保険と任意保険の違い』の記事を読む

 

そんな時こそ、交渉のプロである弁護士の出番です。

 

弁護士費用特約を利用する為には、事前に保険会社に
連絡して承認をもらう必要がありますが、
事故相手が任意保険未加入の場合は、ほとんどのケースで
承認してくれることでしょう。

 

弁護士費用特約,もらい事故,自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士基準,慰謝料

「弁護士費用特約」は、理不尽な事故から
自分と家族を守る、お守りのような意味合いが
強い特約となります。
弁護士費用特約の保険料は、
年間で1000〜1500円程度です。

 

この金額で1年間もの間、安心を得られるのなら
決して高い保険料では無いと思います。

 

自動車保険はネットで簡単に見積もりが取れるので、
次回の更新の際には、「弁護士費用特約」を付けた
見積もりも取って、比較、検討してみて下さい!

 

弁護士費用特約,もらい事故,自賠責保険基準,任意保険基準,弁護士基準,慰謝料

関連ページ

対人賠償保険の特徴と補償内容
自動車保険の基本補償の1つである対人賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
対物賠償保険の特徴と補償内容
他人の物に対する補償である対物賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
人身傷害保険の特徴と補償内容
ちょっと複雑で分かりにくい人身傷害保険について 具体的な例を挙げて、分かりやすく解説していきます。
搭乗者傷害の特徴と補償内容
搭乗者傷害の補償内容や、知っておくと役立つ情報を分かりやすく解説していきます。
車両保険の特徴と補償内容
車両保険の補償内容や、一般型やエコノミー型の違い、免責金額と免ゼロ特約などを分かりやすく解説していきます。
アルソック事故現場安心サポートの使い方!
おとなの自動車保険の『アルソック事故現場安心サポート』のサービス内容や、実際の使い方などを解説します。