人身傷害保険の特徴と補償内容

人身傷害保険,特徴,補償内容

人身傷害保険,特徴,補償内容 人身傷害保険の概要

 

人身傷害保険は、契約者やその家族、同乗者の
ケガや死亡に対して支払われる補償になります。
非常に大事な補償なのですが、様々な特徴があり
分かりにくい部分でもあります。

 

ですので、今回はズバッと結論から申し上げます。

 

 

家族がいる人や、子供がいる家庭ならば
人身傷害保険には、出来るだけ加入しておこう!


ここからは、人身傷害で補償される具体的な例を挙げて、
どれくらい大事な補償であるのかを分かりやすく
解説していきます。

 

万が一の事故の時でも、十分な補償が受けられるように
しっかりとその内容を把握しておきましょう。

人身傷害保険の特徴と、具体的な補償内容を解説!

  • 事故の過失割合にかかわらず、実際の損害額が補償される
  • 事故の相手側との示談を待たずに支払いを受けられる
  • 契約者だけでなく、その家族も補償対象となる
  • 歩行中や自転車の事故も補償する「車内、車外ともに補償」か

    契約中の車の事故のみを補償する「車内のみ補償」を選べる

それでは、いくつかのケースをあげて
人身傷害保険について解説していきましょう。

人身傷害保険,特徴,補償内容 ケース1(過失割合3:7の事故)

事故状況 交差点内で出合い頭に接触
あなたの被害額 3000万円(※1)
事故の過失割合 あなた(30%)、相手(70%)
事故相手からの賠償金 2100万円(3000万×70%=2100万)
不足金額 900万円

(※1) 実際に掛かった治療費、休業補償、精神的損害など

人身傷害保険に未加入 900万円は自己負担
人身傷害保険に加入 900万円は人身傷害保険から支払い

 

事故相手の「対人補償」にて、相手の過失割合(70%)に該当する
2100万円は補償されますが、あなたの過失割合分(30%)については
人身傷害保険に未加入だと自己負担となります。

人身傷害保険,特徴,補償内容 ケース2(過失割合10:0の事故)

事故状況 停車中の相手車両に追突(わき見運転)
あなたの被害額 1000万円(※1)
事故の過失割合 あなた(100%)、相手(0%)
事故相手からの賠償金 無し(0円)
不足金額 1000万円

(※1) 実際に掛かった治療費、休業補償、精神的損害など

人身傷害保険に未加入 1000万円は自己負担
人身傷害保険に加入 1000万円は人身傷害保険から支払い

 

相手側には全く過失がないので、事故相手の
対人賠償からの支払いはありません。

 

対人賠償は、自分の怪我には使えないので、
人身傷害保険に未加入の場合、自分の治療費は
全額自己負担となります。

人身傷害保険,特徴,補償内容 ケース3(契約者の家族が事故に遭遇)

事故状況 通学中の子供に、歩道を乗り越えた車が接触
子供の被害額 500万円(※1)
事故相手からの賠償金 120万円(事故相手は自賠責保険のみ加入)
不足金額 380万円

(※1) 実際に掛かった治療費、精神的損害など

 

人身傷害保険に未加入 380万円は自己負担
人身傷害保険に加入(車内のみ補償)
人身傷害保険に加入(車内、車外を補償) 380万円は人身傷害保険から支払い

 

人身傷害保険には、次の2つの補償タイプがあります。

 

車内のみ

契約中の車に搭乗中の事故のみ補償

 

車内+車外

車内のみに加え、歩行中や自転車などの自動車事故以外も補償

 

このケースは、契約者の子供が歩行中に起こった自動車事故なので
「車内のみ補償」の場合は、人身傷害保険では補償されません。

 

自賠責保険の限度額120万円を超えた部分に関して
相手が自費で支払うことが出来なければ
こちらに非が無くても、自己負担となってしまいます。

人身傷害保険のまとめ!

人身傷害保険,特徴,補償内容

 

今回例に挙げたケースは、よくあるタイプの交通事故ですので
車を運転していれば、十分に起こり得る事故と言えるでしょう。

 

人身傷害保険に加入していれば、こちらに非が無い事故で
治療費の不足分が発生した場合でも、すべて保険で対応可能です。

 

この事から分かるように、人身傷害保険は、対人賠償、
対物賠償などと異なり、契約者とその家族を守る意味合いが
強い特約となります。

 

任意保険に加入していない車との事故に巻き込まれて
入院してしまうと、自賠責保険の補償限度額の120万では
あっという間に不足してしまいます。

 

ちなみに、日本損害保険保険協会の調査によると、
任意保険の加入率は全国平均だと「73.4%」ですので
任意保険に未加入の車との事故に遭う確率は、決して低くはありません。

 

また、相手のある事故を起こした事がある人なら分かると思いますが、
事故の過失割合というのはほとんどの場合、すんなりと決まる事が
ありません。

 

何故ならば、必ず次のような「食い違い」が起こる為です。

  • 車が止まっていたか、動いていたかの食い違い
  • 事故時のスピードに対する食い違い
  • 信号が黄色だった、赤だったかの食い違い
  • ブレーキをかけた、かけないの食い違い

他にも例をあげればキリがありませんが、この食い違いは
ドライブレコーダーでも付けていないと実証が難しいのが現実です。

 

その為、事故の当事者同士が過失割合について
合意するのは、長期化してしまう場合がほとんど。

 

そんな時でも、人身傷害保険に加入していれば、
示談交渉の結果をまたずに保険金を受け取る事が出来ます。

 

どこまで補償されるのか分からない状態で病院に通いつづけるのは
かなりのストレスです。

 

そんな時でも、お金の事を気にせずに治療に専念出来るのは、
非常に心強いハズですよ。

 

人身傷害保険,特徴,補償内容

 

人身傷害保険は、実際に事故に巻き込まれた時に
お金の面でも、精神的な部分でも、あなたと家族を
サポートしてくれる大事な保険です。

 

 

人身傷害保険の加入率は、年々上昇しており、
ある保険会社のデータによれば、約96%近くの人が
人身傷害保険を付帯しています。

 

人身傷害保険を付帯すると保険料は高くなりますが、
家族構成や収入、年齢などを考慮して、保険金額を設定すれば
保険料を節約することは十分可能です。

 

人身傷害保険は、自動車保険の中でも大事な補償の一つなので
加入を前向きに検討したいですね。

 

次ページ:搭乗者傷害の特徴と補償内容を読む

 

人身傷害保険,特徴,補償内容

関連ページ

対人賠償保険の特徴と補償内容
自動車保険の基本補償の1つである対人賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
対物賠償保険の特徴と補償内容
他人の物に対する補償である対物賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
搭乗者傷害の特徴と補償内容
搭乗者傷害の補償内容や、知っておくと役立つ情報を分かりやすく解説していきます。
車両保険の特徴と補償内容
車両保険の補償内容や、一般型やエコノミー型の違い、免責金額と免ゼロ特約などを分かりやすく解説していきます。
弁護士費用特約の特徴と補償内容
弁護士費用特約とは、自動車事故の賠償問題がこじれてしまった時に役立つ特約です。どんなケースで利用すれば良いのかを具体的に説明していきます。
アルソック事故現場安心サポートの使い方!
おとなの自動車保険の『アルソック事故現場安心サポート』のサービス内容や、実際の使い方などを解説します。