車両保険の特徴と補償内容

車両保険,一般型,エコノミー型,免責金額,免ゼロ特約

 

車両保険,一般型,エコノミー型,免責金額,免ゼロ特約車両保険の概要

 

突然の事故や竜巻などの災害により、契約者自身の車が損害を被ってしまった場合の補償です。

 

車両保険は、主に一般型とエコノミー型に分かれ、それぞれ補償内容が異なります。

 

万が一の事故の際に、車両保険の補償対象外だった!なんて事が無いように、2つの違いを理解しておきましょう。

一般型(フルカバー、ワイドカバー型)

 

契約した車両に対して、ほとんどの事故が補償の対象となるタイプの車両保険です。
電柱に衝突したなどの単独事故も補償対象となります。

 

エコノミー型(車対車+A、限定カバー)

 

補償範囲を、車同士の事故に限定することにより保険料を引き下げたタイプの車両保険です。

 

単独事故は補償の対象外ですが、車両盗難や火災や洪水などの自然災害が補償対象となります。

【一般型、エコノミー型の補償内容一覧表】

被った被害

一般型

エコノミー型

車同士の事故

火災、爆発

台風、洪水、竜巻、高潮

車両盗難

落書き、いたずら

ガラス損傷

物の飛来、落下

単独事故

×

当て逃げ

×

墜落、転覆

×

地震、噴火、津波

×

×

 

 

エコノミー型では、単独事故と相手不明の当て逃げの場合は、車両保険で対応出来ません!

 

当然ながら、補償の手厚い一般型は、エコノミー型より保険料が高くなります

 

車両保険の保険料は、乗っている車種にも大きく左右されるので、色々なパターンで見積もりを取ってみるとイイですよ!


もう迷わない!免責金額の選び方

車両保険を付帯する際には、免責金額を設定する必要があります。

 

ですが、この「免責金額」って、どうやって決めればいいのか悩んでしまいますよね?

 

そこで、ここからは「免責金額」の基礎知識と「車両保険の支払い例と免責金額」の関係を具体的に解説していきます。

 

「免責金額」の設定に悩んでいる人は是非参考にしてみて下さいね!

免責金額の基礎知識

免責金額とは?

 

実際に車両保険を使う時に契約者自身が自己負担する金額の事です。

 

事故により車両保険が支払われる際には、この免責金額をマイナスされた金額が保険会社より支払われることになります。

 

免責金額の組み合わせパターン例

1回目の事故

2回目の事故

免ゼロ特約

0万円

10万円

5万円

×

10万円

 

この免責金額を高く設定するほど、保険料は安くなります。

 

車両保険は自動車保険の中でも高額な補償ですが、免責金額を高めに設定すれば、保険料を節約することも可能です。

 

その一方、「免ゼロ特約」を付帯する事も出来ます。

 

この特約を付けると、1回目の事故に限り、免責金額がゼロになるので、自己負担なく車両保険を利用できます。

 

この「免ゼロ特約」は、ソニー損保のように、自損事故には適用されない「車対車免ゼロ特約」を採用している保険会社もあります。

 

当然ながら、「車対車免ゼロ特約」を選んだほうが、保険料は安くなります。

 

車両保険の支払い例と免責金額

信号の無い交差点で、出合い頭に衝突!

過失割合(あなた)

3割

過失割合(事故相手)

7割

あなたの車両保険額

200万円

あなたの車の修理費

100万円

事故相手の対物賠償から受け取れる保険金

70万円(100万円×0.7)

あなたの車の修理不足金額

30万円(100万円×0.3)

【ケース1】車両保険に未加入

 

修理に必要な30万円はすべて自己負担となる

 

【ケース2】車両保険に加入(免責金額0-10万) ※免ゼロ特約有り

 

修理に必要な30万円は、自分の車両保険より支払いされる
(免ゼロ特約により、自己負担なし)

 

【ケース3】車両保険に加入(免責金額5-10万)

 

修理に必要な30万円より、免責金額の5万円が差し引かれた25万円が、自分の車両保険より支払いされる
(修理の不足金額5万円は自己負担)

 

【ケース4】車両保険に加入(免責金額10-10万)

 

修理に必要な30万円より、免責金額の10万円が差し引かれた20万円が、自分の車両保険より支払いされる
(修理の不足金額10万円は自己負担)

 

 

ちょっとした事故でも、車の修理費は思っていた以上に高額になるので、自動車保険を使って修理する可能性大!

 

免ゼロ特約をつけていれば、自己負担ゼロで修理することができます!


車両保険のまとめ!

車両保険は、相手の車ではなく、自分の車の修理費を補償する保険です。

 

車と車の事故の場合、お互いが動いている状態では、どんなに相手が悪くても、ほとんどの場合は自分側にも過失割合が発生してしまいます。

 

この過失割合分の修理費を補てん出来るのは車両保険しかありません。

 

付帯していると非常に心強い車両保険ですが、有りと無しでは、保険料が大きく変わってきてしまう為、加入を迷っている人が多い補償でもあります。

 

ですが、次のパターンに該当する人は、一般型(フルカバー)タイプの車両保険に加入しておきたいですね。

  • 新車で車を購入した方
  • 車両本体価格が高額の車に乗っている方
  • 車をローンで購入した方
  • 年式の新しい外車に乗っている方

事故による修理費が高額になるケース、もしくは、車のローンと修理費で負担が増えてしまうケースです。

 

事故で自動車保険を使うと、等級がダウンするため、翌年以降の保険料が大幅に上昇してしまいます。
ですが、上記のケースに該当する人なら、保険料の上昇分より車の修理費の方が上回るケースがほとんどでしょう。

 

逆に、年式の古い車や、車両価格の安い中古車、多少のキズなら直さないと割り切れる人でしたらあえて、車両保険を付けないという選択もアリですね。

車両保険は、「対人賠償」や「対物賠償」とは異なり、自分の車に対する補償ですので、必ずしも付帯する必要はありません。

 

ですが、付帯していれば、大きな安心感を得ることが出来ます。

 

 

エコノミー型を選択したり、免責金額を設定すれば、保険料を節約する事も可能です。

 

色々なパターンで見積もりを取って、付帯するかどうかを検討してみましょう!


 

次ページ:弁護士費用特約の特徴と補償内容を読む

 

車両保険,一般型,エコノミー型,免責金額,免ゼロ特約

関連ページ

対人賠償保険の特徴と補償内容
自動車保険の基本補償の1つである対人賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
対物賠償保険の特徴と補償内容
他人の物に対する補償である対物賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
人身傷害保険の特徴と補償内容
ちょっと複雑で分かりにくい人身傷害保険について 具体的な例を挙げて、分かりやすく解説していきます。
搭乗者傷害の特徴と補償内容
搭乗者傷害の補償内容や、知っておくと役立つ情報を分かりやすく解説していきます。
弁護士費用特約の特徴と補償内容
弁護士費用特約とは、自動車事故の賠償問題がこじれてしまった時に役立つ特約です。どんなケースで利用すれば良いのかを具体的に説明していきます。
アルソック事故現場安心サポートの使い方!
おとなの自動車保険の『アルソック事故現場安心サポート』のサービス内容や、実際の使い方などを解説します。