搭乗者傷害の特徴と補償内容

搭乗者傷害,補償内容,指を挟んで怪我

搭乗者傷害,補償内容,指を挟んで怪我 搭乗者傷害の概要

 

自動車保険に契約中の車両に搭乗中の人が
事故により怪我や死傷した場合の補償です。

 

 

契約者本人だけでなく、家族を含む搭乗者全員の
怪我を補償します。

搭乗者傷害,補償内容,指を挟んで怪我 搭乗者傷害の補償対象となるケース

  • 他の車に追突され、家族全員が怪我をした
  • ガードレールに接触し、友人がむち打ちで通院
  • 電柱にぶつかってしまい、契約者が入院した
  • 車に乗ってドアを閉めるときに指を挟んで怪我をした

搭乗者傷害,補償内容,指を挟んで怪我 搭乗者傷害の補償対象外のケース

  • 故意、または重大な過失により生じた損害
  • 箱乗りのような危険な方法で怪我をした場合
  • 無免許、および、酒気帯び運転での事故
  • 搭乗中の事故でも、地震、津波などの自然災害の場合
  • 自動車レースに参加中の事故の場合

搭乗者傷害では、車のドアに指を挟んで
怪我をした場合でも補償対象となるのを知っていましたか?

 

ですがこのケースは、どんな場合でも搭乗者傷害として
認定される訳ではありません。
具体的な例を2つ挙げてご説明しましょう。

車に乗り込んでドアを閉める際に指を怪我した

 

 

車に乗り込んでいるので搭乗中です。

 

よって、搭乗者傷害の補償対象となります。


 

車から降りてドアを閉める際に指を怪我した

 

 

車から降りてしまっているので、
搭乗者傷害の補償対象外の
可能性があります。


 

指を挟んで怪我をしてしまった場合に
搭乗者傷害と認定される為に大事なポイントは

 

「事故が搭乗中であったか?」

 

これを保険会社が認定してくれるかどうかです。

 

このケースは相手がいないので、自分で申告しないと
補償を受けることは出来ません。

 

しかも、搭乗者傷害はノーカウント事故として扱われるので
利用しても3等級ダウンしません。
使わないのはもったいないですよね!

 

万が一、指を挟むような怪我をしてしまったら
契約した保険会社に相談するのを忘れないようにしましょう!

搭乗者傷害と人身傷害の違いについて

搭乗者傷害とよく比較されるのが人身傷害です。

 

どちらも契約者とその家族の怪我に対する
補償となりますが、その違いって分かりにくいですよね?

 

実は、この2つの違いを理解していれば
自動車保険を節約する事も可能となるので、
しっかり理解しておきたいですね。

 

それぞれの違いはこちらの表をご覧ください。

補償内容

補償対象

補償金額

搭乗者傷害

事故の際の搭乗者全員

部位、症状別に一律定額

人身傷害

契約範囲内で実損害額

 

「人身傷害」、「搭乗者傷害」のどちらも補償対象は同じです。

 

ということは、仮に事故で搭乗者が怪我をした場合は
「人身傷害」、「搭乗者傷害」に加入していれば
両方の保険金額を受け取ることが出来るという事になります。

 

 

「人身傷害」と「搭乗者傷害」の一番の違いは、
受け取れる補償金額が異なる点です!

 

ズバッというと、「人身傷害」のほうが
貰える保険金額が多い!という事になります。


搭乗者傷害よりも人身傷害のほうが受け取れる補償が
多くなるのは、搭乗者傷害の支払い方法にあります。

 

搭乗者傷害の保険金支払方法

一時金払い 怪我の症状や通院日数に応じて一時金が支払われる
日数払い 入院や通院の日数に応じて保険金が支払われる

 

一時金払いは、別名で、部位、症状別などとも呼ばれています。

 

実は、搭乗者傷害に関しては、「一時金払い」を採用している
保険会社が圧倒的多数で、「日数払い」を選べるのは、
ごく僅かの保険会社のみ。

 

しかも、この「一時金払い」の金額は、決して大きくはありません。

★搭乗者保険(一時金払い)の補償金額

被保険者が被った傷害 入通院一時金の額
骨折または歯牙を除く部位の脱臼 30万円
眼を除く部位の神経損傷または神経断裂
腱、筋または靭帯の断裂
上肢または下肢の欠損または切断 50万円

眼の神経損傷もしくは神経断裂または
眼球の破裂もしくは損傷

胸部または腹部の臓器の破裂または損傷

脳挫傷、脳挫創等の脳損傷、
頭蓋内血腫(出血を含む)、頸髄損傷または脊髄損傷

100万円
上記以外の損傷 10万円

※入通院が4日以下の場合は、一律で1万円支給
※参考資料/おとなの自動車保険(搭乗者傷害保険)


人身傷害は、数千万単位で保険金額を設定するのに対して、
搭乗者傷害の一時金の金額は、大きな怪我でも
最大100万円までとなっております。

 

これでは、自動車事故で大きな怪我をしてしまった場合に
搭乗者保険のみだと、十分な補償を受けることが出来ません。

 

一番手厚い補償が受けられるのは、「人身傷害」と「搭乗者傷害」の
両方に加入している事ですが、少しでも自動車保険を安くしたいなら、

 

搭乗者傷害,補償内容,指を挟んで怪我 人身傷害を付帯して搭乗者傷害を契約しない

 

という選択をする事も可能です。

搭乗者傷害のまとめ!

搭乗者傷害は、単独事故や、過失割合が100%の事故など
自分の対人賠償では補償されない怪我にも対応できる点が
大きなメリットとなります。

 

ですがその反面、「一時金払い」が主流の搭乗者傷害だけでは、
大きな事故の場合に、十分な補償を受けられません。

 

搭乗者傷害,補償内容,指を挟んで怪我

ですので、人身傷害を3000万円以上で付帯して
大きな事故に備える。
その上で、搭乗者傷害は人身賠償の
上乗せ保険として、必要に応じて加入するのが
オススメの方法になります。

 

次ページ:車両保険の特徴と補償内容を読む

 

搭乗者傷害,補償内容,指を挟んで怪我

関連ページ

対人賠償保険の特徴と補償内容
自動車保険の基本補償の1つである対人賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
対物賠償保険の特徴と補償内容
他人の物に対する補償である対物賠償保険の特徴と詳細について、分かりやすく解説していきます。
人身傷害保険の特徴と補償内容
ちょっと複雑で分かりにくい人身傷害保険について 具体的な例を挙げて、分かりやすく解説していきます。
車両保険の特徴と補償内容
車両保険の補償内容や、一般型やエコノミー型の違い、免責金額と免ゼロ特約などを分かりやすく解説していきます。
弁護士費用特約の特徴と補償内容
弁護士費用特約とは、自動車事故の賠償問題がこじれてしまった時に役立つ特約です。どんなケースで利用すれば良いのかを具体的に説明していきます。
アルソック事故現場安心サポートの使い方!
おとなの自動車保険の『アルソック事故現場安心サポート』のサービス内容や、実際の使い方などを解説します。