カーシェアリングとレンタカー、どちらがお得?

カーシェアリング、レンタカー、タイムズカーシェアリング、カレコ

 

ここ数年の間でカーシェアリングの人気が高まっていますね。

カーシェアリングとレンタカー、どちらも「車を借りる」という目的は同じです。

 

ですが、カーシェアリングは上手に利用すれば、レンタカーよりもお得に車を借りることができるのをご存知でしょうか?

 

そこでここからは、カーシェアリングの特徴や料金体系、利用方法などをレンタカーと比較しながら、シンプルに分かりやすく解説していきます。

 

カーシェアリングの仕組みが気になる方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

〜メニュー〜

  • カーシェアリングとレンタカーの違いはコレだ!
  • いくらかかるの?カーシェアリングの料金体系
  • タイムズとカレコ、どっちイイの?2社の違いを徹底比較!
  • カーシェアリングとレンタカーのまとめ!

カーシェアリングとレンタカーの違いはコレだ!

カーシェアリングにはレンタカーには無い便利な特徴があります!
それぞれの違いをまとめてみました。

ガソリンの満タン返し不要!

カーシェアリングでは、ガソリン代は利用料金に含まれています。
ですので、レンタカーのようにガソリン満タン返しをする必要はありません。

 

借りた車のガソリンが少ない場合は、車内にある給油専用カードを使って給油することが可能です。

 

ガソリン代を気にしなくて良いのは大きなメリットですね!

10〜15分単位で借りることができる

レンタカーの多くは、最低利用時間が6時間からとなっています。

 

その為、仮に1時間の利用でレンタカーを返却しても、6時間分の料金を支払う必要があります。

 

それに対し、カーシェアリングは10〜15分単位で料金が計算されます。

 

実際に借りていた時間に対して料金が計算される為、短時間の利用ならレンタカーより圧倒的に料金が安くなります。

24時間365日、いつでも利用可能

レンタカーの場合、店舗の営業時間内に受付や車両の返却を行う必要があります。

 

ですが、カーシェアリングの場合、車両は無人のコインパーキングで管理されている為、営業時間を気にする必要がありません。

 

時間に縛られず、朝早くても夜中でも、いつでも利用することが可能です。

スマホ、パソコンでカンタン予約

借りたい車の予約、空き車両の検索、利用前のキャンセルなどはすべてスマホ、もしくはパソコンで行えます。

 

レンタカーのように、店舗に電話する必要はありません。

カーシェアリングのステーションが急増中!

カーシェアリングのステーションは、基本的にコインパーキングになります。

 

レンタカーの営業所と比べると、圧倒的に借りることができる場所が多いです。

 

大手のタイムズカーシェアリングの場合、全国の8,000カ所以上で車を借りることができます。

いくらかかるの?カーシェアリングの料金体系

カーシェアリングを利用する際には、つぎの料金が必要となります。

  1. 初期費用(入会時に必要な金額)
  2. 月額料金(毎月必要となる金額)
  3. 利用料金(借りた時間に対してかかる金額)

そこで実際にカーシェアリングを利用した場合、どれくらいの金額がかかるのかを

  • タイムズカーシェアリング
  • カレコカーシェアリング

この大手2社のそれぞれの料金体系を比較してみましょう。

初期費用の比較

タイムズカーシェアリング カード発行手数料 1,550円
カレコカーシェアリング 入会金 無料

 

カレコでは初期費用が一切かかりません。
タイムズの場合、初回登録時にカード発行費用が必要となります。

月額料金の比較

タイムズカーシェアリング 個人プラン 1,030円
家族プラン 1,030円
学生プラン 無料
カレコカーシェアリング ※1プランのみ 980円

タイムズ、カレコともに月額費用は、借りた際の利用料金に充当可能です。

 

月額料金の繰り越しはできないので、月に1回は利用したほうが良いでしょう。

 

カレコの月額料金は1プランのみですが、タイムズカーシェアリングには学生プランがあります。
月額費用が無料ですので、大学生でしたらタイムズがお得ですね!

利用料金の比較(分単位でかりる)

タイムズカーシェアリングの利用料金

車両クラス 15分 1H 3H 6H
ベーシック 206円 824円 2,472円 4,944円
プレミアム 412円 1,648円 4,944円 9,888円

 

カレコ(ベーシックプラン)の利用料金

車両クラス 10分 1H 3H 6H
コンパクト 130円 780円 2,340円 4,680円
ミドル 150円 900円 2,700円 5,400円
エコ 160円 960円 2,880円 5,760円
プレミアム 240円 1,440円 4,320円 8,640円
電気自動車 130円 780円 2,340円 4,680円

 

カレコ(平日プラン)の利用料金 ※平日に利用した場合

車両クラス 10分 1H 3H 6H
コンパクト 80円 480円 1,440円 2,880円
ミドル 100円 600円 1,800円 3,600円
エコ 110円 660円 1,980円 3,960円
プレミアム 240円 1,440円 4,320円 8,640円
電気自動車 130円 780円 2,340円 4,680円

 

カレコ(平日プラン)の利用料金 ※休日に利用した場合

車両クラス 10分 1H 3H 6H
コンパクト 160円 960円 2,880円 5,760円
ミドル 200円 1,200円 3,600円 7,200円
エコ 220円 1,320円 3,960円 7,920円
プレミアム 240円 1,440円 4,320円 8,640円
電気自動車 130円 780円 2,340円 4,680円

タイムズは15分単位、カレコは10分単位で利用料金が加算されていきます。

 

平日しか利用しないのならば、カレコの平日プランは圧倒的な安さですね!

 

休日利用に関しても、カレコのベーシックプランが最安値となります。

 

利用料金の比較(パック料金でかりる)

タイムズカーシェアリングのパック料金

車両クラス メニュー 料金 距離料金

ベーシック
プレミアム

6時間パック 4,020円 なし
12時間パック 6,690円 16円/走行km
24時間パック 8,230円

アーリーナイトパック
(18:00〜24:00)

2,060円

レイトナイトパック
(24:00〜翌9:00)

2,060円

ダブルナイトパック
(18:00〜翌9:00)

2,580円

カレコ ベーシックプランのパック料金

車両クラス 6時間パック 12時間パック 24時間パック 夜間パック

距離料金
(6時間パック以外)

コンパクト 3,800円 5,300円 6,800円 2,500円 15円/km
ミドル 6,300円 7,800円
エコ 6,800円 8,300円 10円/km
プレミアム 6,800円 8,000円 9,800円 4,500円 15円/km
電気自動車 3,800円 5,000円 6,500円 2,500円 7/km

カレコ 平日プランのパック料金 ※平日に利用

車両クラス 6時間パック 12時間パック 24時間パック 夜間パック

距離料金
(6時間パック以外)

コンパクト 2,800円 4,500円 7,800円 2,500円 15円/km
ミドル 5,000円 9,300円
エコ 5,500円 9,800円 10円/km
プレミアム 6,800円 8,000円 9,800円 4,500円 15円/km
電気自動車 3,800円 5,000円 6,500円 2,500円 7/km

カレコ 平日プランのパック料金 ※休日に利用

車両クラス 6時間パック 12時間パック 24時間パック 夜間パック

距離料金
(6時間パック以外)

コンパクト 5,600円 9,000円 12,000円 5,000円 15円/km
ミドル 10,000円 13,000円
エコ 11,000円 14,000円 10円/km
プレミアム 6,800円 8,000円 9,800円 4,500円 15円/km
電気自動車 3,800円 5,000円 6,500円 2,500円 7/km

借りる時間が6時間を超えるような時は、パック料金の利用がお得です!

 

ただし、タイムズ、カレコともに6時間を超える利用だと、別途距離料金が必要になります。
遠方まで出かける時や、数日間車をかりるような場合は、レンタカーを利用したほうが良いでしょう。

タイムズとカレコ、どっちイイの?決定的な違いを教えます!

タイムズとカレコを料金で比較すると、一番料金が安くなるのは

土日の利用がメイン ⇒ カレコのベーシックプラン
平日の利用がメイン ⇒ カレコの平日プラン

となります。

 

特にカレコの平日料金は、圧倒的な安さを実現!
利用料金に関してはカレコの圧勝になります。

 

ですが、タイムズカーシェアリングにも決してカレコに負けることが無い大きなアドバンテージがあります。

 

それは、カーシェアリングのステーションの規模です。

 

タイムズのコインパーキングは、北海道から沖縄まで全国に展開。

 

そのほとんどにカーシェアリングが設置されているので、地方に住んでいてもカーシェアリングを利用することができます。

 

それに対し、カレコのステーションとなるのは、三井のリパークというコインパーキングです。
こちらは東京と神奈川に集中しており、他の地域では借りることが出来ません。
カーシェアリング、レンタカー、タイムズカーシェアリング、カレコ

 

どんなに利用料金が安くても、近所になければカーシェアリングの意味はありません。

 

タイムズとカレコ、どちらの会員になろうか迷っている人は、自分がメインでつかう場所にステーションがあるかを必ず確認しましよう!

カーシェアリングとレンタカーのまとめ!

いかがでしょうか?

 

カーシェアリングの一番のメリット。

 

それは短時間の利用料金の安さになります。

 

車を借りる目的は人それぞれですが、6時間以内で済む用事なら、カーシェアリングはレンタカーよりも圧倒的にお得です。

 

・雨の日の買い物
・駅や病院までの送り迎え

 

などの急な用事でも、スマホでカンタンに予約できるカーシェアリングは、かなり使い勝手が良いでしょう。

 

カーシェアリングを利用するには、事前の会員登録が必要となりますが、どちらもネットからカンタンに登録できます。

 

入会キャンペーンを行っていることが多いので、カーシェアリングが気になった方は、一度公式ページを確認してみて下さい。

 

⇒ タイムズカーシェアリングの公式ページを確認!

 

⇒ カレコの公式ページを確認!

関連ページ

ハイブリット車、元を取るには何年かかる?
燃費も良く環境にも優しいと、人気の高いハイブリット車ですが、実際にはどれくらい走れば元がとれるのでしょうか?様々な車種で計算してみました。
これが正解!燃費が良くなる車の走り方
誰にでも簡単に実施できる、車の燃費を改善するために大事な4つのポイントを分かりやすく解説します。