バッテリー交換はスタンドでするな!安く買って維持費を節約

ガソリンスタンドの無料点検を受けたことがある人は

 

 

「バッテリーが弱ってますね?交換時期ですよ」


と一度は言われた事があるのではないでしょうか?

 

実は先日、私の妻がそのアドバイスを真に受けてしまい、驚くほど高額なバッテリーに交換されてしまいました。

 

確かにバッテリーは劣化する部品なので、定期的な交換が必要です。

 

ですが、ガソリンスタンドのバッテリーは、相場と比べると非常に高額なことが多いです!

 

車にちょっと詳しい人なら、ガソリンスタンドでバッテリー交換をする人はほぼいないでしょう。

 

そこで今回は、ガソリンスタンドでバッテリー交換を薦められても、キッパリ断ることができるように

といった、車のバッテリーに関する知識を、分かりやすく解説していきます。

 

バッテリーに関する予備知識があれば、スタンドからの提案も自信をもって断れるハズ。
是非、参考にしてみて下さい!

バッテリー上がりの主な原因

バッテリーは使用しているとだんだんと劣化してきます。

 

バッテリーの寿命は、車の使用状況により異なりますが、平均すると2〜5年の間が一般的です。

 

普段あまり乗らない車や、チョイ乗りメインの車だと、バッテリーの寿命は短くなりますが、
次にあげるような事をしてしまうと、一発でバッテリーがあがってしまいます。

  • ヘッドライト、ルームライトなどの消し忘れ
  • アクセサリーの状態でオーディオやエアコンをつけっぱなし
  • 車を半ドアで放置
  • ハザードの消し忘れ

車には「オルタネーター」という部品があり、エンジンがかかっていれば車自身で発電することができます。

 

ですが、エンジンがかかっていないと、この「オルタネーター」が機能せず、充電することができません。

 

その為、バッテリーが減り続けてしまい、最終的にはエンジンがかからなくなってしまうのです。

バッテリー上がりの症状

バッテリー交換,スタンド,ディーラー,ホームセンター,カーショップ セルを回したときに「カチカチカチ」と音がする
バッテリー交換,スタンド,ディーラー,ホームセンター,カーショップ セルの勢いが弱い

 

この症状の場合は、ほぼ間違いなくバッテリー上がりです。

 

その逆に、セルが勢いよく回るけど、エンジンがかからない場合は、バッテリー上がりではなく、ガス欠の可能性を疑ってみましょう。

 

ちなみに、走行中にエンジンが止まってしまった場合ですが、これはバッテリー上がりではなく、エンジンなど他の部品の故障の可能性が高いです。

 

バッテリー上がりが原因で、車が走行中に止まってしまうことはありません!

 

万が一走行中に止まってしまったら、ディーラーや整備工場で点検してみて下さい。

もしバッテリーが上がってしまったら

一番カンタンな方法は、自動車保険やJAFなどのロードサービスを呼ぶことです。

 

ロードサービスのスタッフは、持ち運びできるバッテリーパックを持っているので、それを使ってエンジンを始動させてくれます。

 

バッテリーを繋ぐ作業は、「バッテリージャンプ」と呼ばれますが、この作業自体はとてもカンタン。
5分もあればエンジンが復活するでしょう。

 

ですが、ロードサービスを契約していない人は、自分自身で対応するしかありません。

 

ブースターケーブルを持っていれば、他の車のバッテリーと連結させてエンジンをかけることができますが、山奥などでバッテリーをあげてしまうと、救援してくれる車が見つからないことも!

 

バッテリー上がりは、車のトラブルの中でも一番起こりうるトラブルです。
ですので、いざという時の為に、単独でバッテリー上がりに対応できる「ジャンプスターター」を車に積んでおくと安心ですよ。

ジャンプスターターを選ぶ際には、バッテリー容量も大事ですが、以外に見落としがちなのが、繋ぐケーブルの長さと柔らかさ。

 

ケーブルに余裕があれば、接続もラクになるし、なにより安心感が違います。

 

数あるジャンプスターターの中でも、大容量かつ、ケーブルも長くしなやか。
iPhonやスマホも充電できる上、価格もお手頃で非常に人気が高いのはコチラの製品。

 

 

あの有名雑誌「MONOQLO」でも一押しとして紹介されていましたね!

 

気になった方は、こちらで詳細を確認してみて下さい。

 

⇒ CAR ROVER ジャンプスターターの詳細を確認!

バッテリー交換はどこでするのがお得なの?

バッテリーが完全に弱ってしまうと、バッテリー上がりの症状が頻繁に起こるようになります。

 

そうなったら、もう新しいバッテリーに交換するしかありません。

 

車のバッテリーは、ディーラー、ガソリンスタンド、カーショップなど、いろいろなお店で交換することができますが、同じサイズのバッテリーでも、その価格は様々です。

 

そこで、それぞれの特徴をカンタンにまとめてみました。

販売店

価格

バッテリー交換作業

ディーラー

OK

ガソリンスタンド

OK

カーショップ

高〜低

OK

ホームセンター

NG(一部可)

ネット通販

高〜低

NG

 

バッテリー交換,スタンド,ディーラー,ホームセンター,カーショップ ディーラー、ガソリンスタンドの特徴

 

ディーラーやガソリンスタンドは、カーショップのように様々な種類のバッテリーを置いておらず、製品の比較や検討をする余地はあまりありません。

 

取り扱っているバッテリーは、パナソニックなどの有名メーカー、かつ高性能のバッテリーがほとんどでその分、価格は高くなります。

 

ディーラーでのバッテリー交換は、多少高くても専門の整備士が作業をしてくれるという安心感がありますが、ガソリンスタンドだと、作業レベルはお店によってまちまちです。

 

少しでも安くバッテリー交換をしたいなら、ディーラーやスタンドは避けた方が良いでしょう。

 

ガソリンスタンドでバッテリーが弱っていると言われても、そんなすぐにはバッテリーは上がりません!

 

その場で交換せずに、色々なお店で比較、検討してみましょう。


バッテリー交換,スタンド,ディーラー,ホームセンター,カーショップ カーショップの特徴

 

オートバックスやイエローハット、ジェームスなどのカーショップは車の専門店となります。

 

当然、取り扱いバッテリーの種類も多く、幅広い価格帯からバッテリーを選ぶことが出来ます。

 

ホームセンターの店員にバッテリーの相談をしても、車の専門家ではない為、見当違いな回答をされることがありますが、カーショップならその心配はありません。

 

 

すこし容量を上げたいなどの希望があるなら、バッテリーの取り扱い種類が多いカーショップがベスト!

 

バッテリーの取り付けから廃棄まで、すべて対応してくれるので、自分で交換作業が出来ない方にもオススメです!


バッテリー交換,スタンド,ディーラー,ホームセンター,カーショップ ホームセンターの特徴

 

ホームセンターで取り扱っているバッテリーは、古川電池、ジーエスユアサ、日立バッテリーといった国産メーカーで低価格帯の製品がメインになります。

 

低価格のバッテリーというと、あまりイメージが良くないかも知れませんが、国産メーカーのバッテリーなら、その心配は全くありません。

 

ですが、一部のホームセンターでは、海外製のバッテリーを激安で販売している事があります。

 

海外製バッテリーは品質のバラツキが酷いので、避けたほうが無難でしょう。

 

 

ホームセンターのバッテリーは、安さと性能のバランスが良く、コスパ抜群!

 

小さなホームセンターは商品の回転が悪いので、新しいバッテリーを手に入れるなら、大きな店舗で購入するのがオススメ!

 

自身でバッテリー交換出来るなら、ホームセンターでのバッテリー購入が一番お得です。

 

ホームセンターによっては、バッテリー交換をしてくれるお店もあります。


バッテリー交換,スタンド,ディーラー,ホームセンター,カーショップ ネット通販の特徴

 

最も安くバッテリーを購入するならネット通販になります。

 

ですが、激安価格のバッテリーは海外製だったり、再生バッテリーの場合がほとんど。

 

こういった激安価格のバッテリーは、当たり外れの割合が高い!

 

運が悪いと、半年も経たずに再度バッテリー交換が必要になるかも知れません。

 

 

ネット通販の激安バッテリーは、もはやギャンブル。

 

安物買いの銭失いになる可能性が高いので、正直、あまりオススメは出来ません。


 

もしあなたが、バッテリーにはあまりお金を掛けたくないけど、それなりの性能が欲しい!
と考えていたならば、私がオススメしたいのはたったひとつ。

 

「ホームセンターのバッテリー交換」

 

になります。

 

私もバッテリー交換は、すべてホームセンターにお願いしていますが、ノートラブルでコスパ抜群。
ガソリンスタンドよりも、圧倒的にオトクですよ〜。

自動車保険を見直して車の維持費を節約!

 

同じ補償内容でも、保険会社を変えただけで97,880円→62,340円と35,540円も保険料が安くなりました!

 

自動車保険の一括見積もり、人気ナンバーワンは、利用者300万人を突破した保険スクエアBang!

 

WEB上でカンタン入力、たった5分で複数の保険会社の見積もりを取る事ができます。

 

すべて無料で利用出来るので、満期が近い人は自動車保険を節約するチャンスを逃さずに!


車を高く売るなら、一括査定がオススメ!

 

車を乗り換えるなら、下取りはディーラーではなく買取専門店を競い合わせましょう!

 

私がオデッセイを売却した時はディーラー下取りが150万に対して買取専門店は189万円にもなりました。

 

たった5分程度で39万円も高く売れたんです!

 

車の一括査定サイトはたくさんありますが、私が利用した車の一括査定サイトは、かんたん車査定ガイドになります。

 

もちろん、一括査定は無料!

概算価格もすぐに分かります。

 

車を高く売るチャンスを逃さずに!


 

⇒ TOPページに戻る

関連ページ

エンジンオイルの交換費用を節約!
車のエンジンオイル交換は、手軽に行えるメンテナンスのひとつです。ですが、オイルには様々な規格があるので、少し分かりづらい部分もあります。ここではそんなオイル交換にまつわる疑問や、オススメのオイル交換の方法について、お伝えしていきます。
ディーラー車検はなぜ高い?車検代を節約する方法
車の維持費の中でも、大きな支出となるのが車検の費用です。車検はディーラーという人が多いですが、ディーラー車検は他と比べるとかなり割高です。その理由と対策方法をお伝えしていきます。
こんなに安い!ホームセンターでバッテリーとオイル交換!
ホームセンターでバッテリ交換とオイル交換をした時に掛かった費用を公開中!ガソリンスタンドやディーラーではあり得ない程の激安価格です!